1. >
  2. >
  3. 憧れの平行型二重を手に入れるには
憧れの平行型二重を手に入れるには
目元

目元にコンプレックスを持っている人が多い

メイクに関する相談で一番多いのが、一重・奥二重に対するコンプレックスです。
顔の印象を大きく左右する目は、大きく可愛くありたいと思う女性も多いもの。

二重だとアイシャドウやアイラインも引きやすく、メイクの幅も広がります。
さらに今人気なのは二重の線が見えやすい平行型。
ここでは、ぱっちりとした平行型二重を手に入れるための方法について紹介します。

定番・アイプチ

二重の跡をテープやのりで止め、維持させるのがアイプチです。
そのため、アイプチを使用することで二重の跡がアイプチを外しても残り、
二重になったという人もいるようです。
ただし、まぶたが逆に重くなったという声もあるので、注意が必要です。

思いきって美容整形

美容整形も「プチ整形」と言われるように、費用・時間・精神的ハードルも下がっています。
二重のプチ整形方法としては、二重埋没施術と呼ばれているものがあります。

二重埋没手術の中にも下記二つのやり方があります。
そのため、ひとくくりに二重手術と言っても、クリニックごとの施術方法を理解し、
その上で自分が納得できる方法を選びましょう。

埋没二重手術の中には、「瞼板法」と「挙筋法」の二つの術式があります。
瞼板法は、まぶたの支持組織である瞼板から皮膚側へ糸を直接結びつける方法です。
この術式ですと目を開いていても閉じていても糸に遊びがない状態となり、持続的に緊張がかかってしまいます。
その分、組織に糸が埋まり、ゆるんでしまいます。
その為、取れやすいという点が「瞼板法」のデメリットです。

一方、挙筋法は、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋から皮膚側へ糸を直接結びつける方法です。
目を開いたときだけ糸に張力がかかり、目を閉じたときには、埋め込んだ糸のループに遊びがでる固定にしている為、 組織に埋まることが少なく、取れにくくなります。
しかし、挙筋法は糸の通し方によっては不自然な下垂を起こしてしまう事もあり、技術的には難しい方法です。
医師のスキルの差がでやすい術式といえるでしょう。